新潟のお庭と外構をデザインするエクステリア専門展示場


Top > Works



季節の移ろい(GARDEN四季)
『四季』という言葉や光景に日本人は様々な想いを寄せる。
ライフスタイルでインテリアに季節の『室礼』を行うように
植物はエクステリアで四季を愉しむ心地よい空間をつくります。
季節の到来や心地よさを教えてくれる植物。ただ空きスペースに好みの樹や草花植えるのでなく、植物それぞれの特性や環境条件を考え配置することで、将来すばらしい庭に成長致します。
その知識を基に専門店としてのご提案ができるよう、展示場には150種類を超える植物をご覧いただけるよう植えております。
春(3〜5月) 蕾・開花・新緑

   4月のヒラドツツジから各種ツツジが順次開花。

春一番に咲くヒメコブシ。

新緑の株立ちアオダモ。

鮮やかな黄緑色の葉、イロハモミジ。

ランドマークにもなる枝垂れ桜。

清楚なイメージのリキュウバイ。

ピンクエゴノキ。

実も愉しめるアロニア。

鮮やかな紫色の花をつけるライラック。

5月の三つ葉ツツジ。

下垂する小さな白花をつけるドウダンツツジ。

丸い形の花が可愛いオオデマリ。

庭を明るくするユキヤナギ。

花とカラーリーフが楽しめるアジュガ。

低木・地被類の混植。

初夏(6月)深緑・梅雨

コニファーの王様
ブンゲンストウヒ‘ホープシー。

アウトドアシーズン。深緑に囲まれた跳ね出しテラス。

新緑が深みを増し、涼しい緑陰をつくる。
夏前に咲くピンク系の花
ヤマボウシ‘里美’。

人気樹シャラノキ。

6月の代表樹ジューンベリーの赤い実。

様々な品種があるバラ。

梅雨に映えるガクアジサイ。

常緑広葉樹が輝く季節、生垣サニーフォスターと黄金モチ。

不思議な木スモークツリー。

丈夫なシャリンバイ。

黄色が華やかな
ヒぺリカム・ヒデコート。

爽やかなイングリッシュラベンダー。
盛夏(7〜8月)緑陰・蔓性植物

噴水の水音や、強い日差しを遮るシェードは夏の庭の快適な空間。

花期が長い株立ちサルスベリ
‘カントリーレッド’。

夏らしい花ノウゼンカズラ。

南国をイメージする蘇鉄。

花色が夏に涼を感じる西洋ニンジンボク。

一足先に葉が赤みを帯びるナツハゼ、カシワバアジサイ。

涼しさを演出、薄紫の花をつける多年草、ヤブラン、ギボウシ、アガパンサス。

秋(9〜11月)錦秋・里山風情

落葉樹の紅葉・黄葉、里山風情は街ゆく人にも癒しを与える。

アロニアの赤い実。

ドウダンツツジは紅葉の定番。

季節により葉色変化するトキワマンサク。

和モダンのイロハモミジ。

紅葉後の実も楽しめる
ナナカマド。

枝垂れモミジは深紅から緑、朱赤に葉色変化。

真っ赤に紅葉するガマズミ・ブルーベリー・スモークツリー・ニシキギ。

秋の芳香樹キンモクセイ。

マホニアコンフューサとツワブキの開花。

冬(12〜2月)落葉の静寂

展示場の里山風情雪景色。

12月には実もつけるナンテン。

秋冬で実と花を楽しめる
ストロベリーツリー。

白花サザンカは早めに開花。

冬でも緑のコニファー‘ゴールドライダー’。

ほふく系‘ブルーカーペット’

低木‘ラインゴールド’

冬の間、深紅の葉色になるオタフクナンテン。

ダイスギとサザンカの生垣。

  早春には黄色の斑が輝く生垣となる斑入りマサキ。